信楽(滋賀県 甲賀市)の信楽焼・朝宮茶・観光スポットなどのローカル情報やライフスタイル最新情報|Sgr;(エスジーアール)

Sgr; 信楽ブランドプロジェクト

喜びと驚き、愛があってこそ

松井 順子 JUNKO MATSUI(信楽)

滋賀県大津市在住。夫、松井 敬樹(サークルワークス株式会社代表)と共に「多羅尾の家」を運営。多羅尾をこよなく愛する2児の母。


まず「多羅尾の家」について教えてください。

多羅尾の家は、滋賀県最南端、甲賀市信楽町多羅尾に現存する、築100年あまりの古民家を活用した、研修・イベント・宿泊施設です。古さを大切に古き良き昔の日本に触れてもらいたいとリノベーションしお宿を作りました!
リノベーションと言ってもモダンにオシャレに作り変えてしまうと土地柄に合わない不自然な存在になってしまって「古い良さ」が消えてしまうので、あえて元を生かして、この100年かかって作り上げられた雰囲気を守っています。

お出しするお料理の食材は8割が多羅尾産で、地元のおじいさんやおばあさんが精魂込めて作った野菜や漬物を使っています。鶏肉は信楽産、お酒は甲賀市内の酒造のものと、地産地消を実現するためにすべて甲賀市内産でまかなっています。
過疎化し、高齢化が加速している多羅尾ですが、この「多羅尾の家」が情報発信基地のような場所となって、国内をはじめ海外の方々と多羅尾を結ぶあたたかい場所になればという思いで運営しています。

単純に古民家を再生して活用しているだけではなく、地域の情報発信という役割を担っているんですね!「多羅尾の家」を始めたきっかけは何だったのですか?

信楽観光協会から依頼をいただいて動画を作っていて、協会の局長の紹介を受けて多羅尾の行事などの動画を作らせていただいたご縁がきっかけですね。多羅尾という土地に魅力を感じて、空き家があるというので見せてもらったところ、その佇まいに一目惚れしました(笑)

元々は家族で遊ぶ場所、別宅としてお借りしましたが、その後オーナー一家と交流を重ねる中でお互いの信頼関係を築き、お譲りいただいて「多羅尾の家」を作ろうということになりました!
私は京都出身で田舎で暮らしたこともないですが、私たちが多羅尾にやって来ると多羅尾の人達が「おかえり!」と迎えてくれたり、つくしや山菜を採ってきてくれたり、本当に私たちに良くしてくれて、何か一緒になって多羅尾を、多羅尾の人達を元気に楽しくできたらなぁと思うようになったのがきっかけですね。

多羅尾の人達のあたたかさに触れて、地域の活性化も考えて始められたんですね。始めてみて感じたことって何でしょうか?

川口さんが言われてるように、現代は物で溢れていますので新しいものをと言うよりは、やはりあるものにどう付加価値を加えて形にしていくかだという考えがあり、ボロボロの朽ちていくだけの古民家に付加価値をつけ「多羅尾の家」をブランディングしていく!と決めてスタートしたものの、私達のように小規模な企業が商売としてやっていこうとするととてもシビアになります。

お客様とのやり取り1つとっても、代理店を通してお客様の要望をお聞きしたり、予約をいただいたりした方が効率よく、手間はかからないんですが、果たしてそれでお客様の記憶に深く刻まれるものがあるのか?「多羅尾の家」で商売する意味があるのか?っていうことを考えたとき、やっぱり効率が悪くても私たちが直接想いを伝えることでそれが信用・信頼につながって、本当のファンを増やすことができるんじゃないかと思いました。

そういう信頼と信用を積み重ねていき、小さくても信頼の上で繋がったコミュニティの中で確実に質の高いサービスを提供し循環させていくようなシステム、大量生産、大量消費ではなく、少量でも範囲が狭くてもいいので揺るぎないお客様の満足を確実に積み上げていき、結果として安定した利益につながっていけば、それこそ最高のエコなシステムだと思いました。
お客様だけでなく、多羅尾の家に関わる方々と私たちの信頼関係が強くなればなるほど、小さなコミュニティも自然と広がっていくんだなぁとつくづく感じています。

なるほど~。私もその気持ちすごく分かります!目の届く範囲で確実に納得のいくサービスを提供していきたいという考えは私も同じですね。それでは、周りの人の変化って何かありましたか?

特に多羅尾の人達で言うと、テレビの取材が来たりすると近所の人たちがイキイキしているのがわかりますね。また、宿泊客が増えれば、食材の仕入れが増えるので、近所のおばあさんが自宅で作っている漬物を多めに仕込んだりされているのを見ていても高齢者の方々が生きがいを感じてイキイキとされてきているのがわかります。
そういう人間味のある理想的な関わり合いを創り出せたということがすごく意味があることなんじゃないかと思います。

人間味や人情って、自分が弱ったときに初めてそのあたたかさや価値がわかる気がします。では、松井さんが何か新しいことを始めようとする時に意識していることってありますか?

私が参加していた大阪のブランディング勉強会の講師、MAIDO Internationalの阪本先生の教えがとても大事だと感じていて、大切にしないといけない部分だと思っています。

それは、

「JOY WOW LOVE FUN!!」

愉しみ、驚き、喜び、愛、面白さ!!です。

どれか一つ欠けてもだめなんですよね (笑)この要素がないなら進むべき道ではないのかな?と。
何か新しく始める時に、常にこのキーワードを頭の片隅に置いて、時々引き出して、自分はやりたいことをやっているか?と考えるようにしています。


多羅尾の家
滋賀県甲賀市信楽町多羅尾2583
TEL.0775-488-711

[多羅尾の家] http://taraonoie.com/
[Facebook] https://www.facebook.com/pg/taraonoie/